AKIRA

2020年10月16日

鬼滅の刃の無限列車編が上映開始されましたね。正直、めっちゃ観に行きたい。。。

 

僕はアニメをよく観ます。

好みのジャンルとしてはダークファンタジーや暗い話とかグロい系とかバッドエンドとか・・・。

「AKIRA」は特にお気に入りのアニメ作品ってわけではないですが、その中に入ってきます。

作品も古いので、最近のアニメ作品にはない映像や音質の味があっていい。

それでいて古いんだけど、古臭くはないんですよね。

ストーリーの時代背景は2019年で作品が出た時(1988年)では未来の話ですが、今となっては一年前。

AKIRAの世界の未来とは違って平和な現在ですが、実際にAKIRAみたいな世の中になってなくて良かったと思ったり思わなかったり。

未来なのに荒廃した世界観って好きなんですよね、例えば北斗の拳とか。

 

今見返すと未来の話なのに、昭和の名残みたいなのがあって、学校の先生に「指導ォ!」って殴られてたりする。

そしてもちろんだけど作中の誰もスマホ持ってない(Webサイト制作の時にレスポンシブにしなくてもいい!)

AKIRAは昭和の日本と近未来を融合させた作品なんです。(ってどっかに書いてました。)

 

この映画は哲学みたいなことも作中で色々語られたりしますが、

僕の中では何かを考えさられるとかではなく、雰囲気を楽しむ芸術作品みたいな物だと思ってます。(そんなデザインができたら個人的には嬉しい)

もちろんストーリーやメインキャラクターも魅力ではあるんですがね。

今回の武織イラストは名台詞「さんを付けろよ、デコスケ野郎」のデコスケ野郎でお馴染み、もう一人の主人公・鉄雄です。

 

そういえばつい最近って言っても少し前に、AKIRAが新型コロナウイルスを予言していたなんてのもバズってました。

どういうこと?って思うまだ観てない人は是非ともご覧になってみてください。

 

株式会社 Heads
CTO
柴田昂太朗

 

1+