株式会社エクセル・システムプロダクト 様 のMVV・タグライン、ロゴ、Webサイトを制作しました

/ Graphic Design / Web Design / Shooting

クライアント
株式会社エクセル・システムプロダクト

業種
IT

制作物
コーポレートサイト制作・写真撮影・タグライン など

⽴ち上げ時期
2022年5月頃

制作期間
約 4ヶ月

プロジェクトについて

株式会社エクセル・システムプロダクト様のMVV(ミッション、ビジョン、バリュー)、会社ロゴ、Webサイトの制作を担当いたしました。

エクセル・システムプロダクト様はITのSIerの会社で暮らしを支えるインフラから最先端のITテクノロジーなど世の中を支えるさまざまなシステムを作っていらっしゃる創業40周年を超える会社です。

この度、株式会社アイ・ティ・イノベーション様の傘下に入り、会社として新しい時代に突入するということで、会社の内部を語るMVV(ミッション、ビジョン、バリュー)、ロゴから会社の顔となるWebサイトまで、会社のブランドそのものを創る大きなプロジェクトに参加させて頂きました。

MVV(ミッション、ビジョン、バリュー)、タグライン

企業理念や社是、最近ではパーパスという言葉を用いて表現される言葉を、今回のプロジェクトではミッション(MIssion)、ビジョン(Vision)、Value(バリュー)、そしてタグラインとして会社の未来、方向性、行動指針を落とし込みました。

40年を超える歴史、グループ傘下に入る戦略、同社の人々の様子、これら全てを端的な言葉に落とし込み、ぶれることの無いブランドを創ることが狙いです。

MVV制作にあたり、まず必要になるのが「情報」です。情報収集にあたり我々が行ったことは、以下の通り。

①コーヒーミーティング

会社の様々な人々(若手からベテランまで総勢10名)に会社のありのままを語ってもらうラフな打ち合わせ

②幹部ヒアリング

主に今後会社が目指す方向性を重要な役職の方々にヒアリングする打ち合わせ

③各種資料の読み込み

経営理念、会社紹介資料、社長ブログまで会社にまつわる資料の一字一句に目を通す読み込み作業

①〜③の工程を経て収集した情報を資料にまとめ、クライアントに提示しました。

資料内容の最終精査を行ったら、次は言葉を創る工程に入ります。

コピーライターが在籍する株式会社Headsでは、目に見えるデザインやWebサイトだけでなく、言葉を内製することができます。

そして出来上がった言葉がこちら。

Mission

ITに新しいアイディアを吹き込み 、ITができるコトをもっと広く、もっと深く、もっと早く。

Vision

私たちのやり方を「業界の当たり前」に。私たちのサービスを「社会の当たり前」に。

Value

1.問題解決に誠実に取り組み、社会を支えている自覚を持つ

2.求められる以上の提案と、高品質な技術を届ける

3.解決して終わりではなく、知識として伝えていく

タグライン

「ヒトがつくるIT」

どの言葉も、エクセル・システムプロダクトを言い表す素敵な言葉になりました。

今後この言葉が浸透し、社員の皆様がブランドを強くしていくことを願っています。

会社ロゴ

MVV(ミッション、ビジョン、バリュー)、タグラインができたら、次はそれを見た目に表すロゴを創ることがブランド力を強くします。

社章、名刺、社内資料、Webサイトなど様々な場面で目に入ることになるロゴを見ることで、社員の皆様は会社のブランドを意識することになるし、社外からも「あのロゴの会社」と認識されることからやはり想いが詰まったロゴはブランドを作り上げるのに大切と言えます。

完成したロゴは、会社名をヒントにモチーフを洗い出し、人と人の関わり、グループの力、未来を担う躍動感、などの要素をビジュアライズしたエクセル・システムプロダクト社の想いが詰まったロゴになりました。

ちなみに、Webサイトのトップページでは、インパクトのあるWebアニメーションでも表現しているので、ぜひご覧ください!

Webサイト

歴史のある同社ですが、その歴史を礎に未来を進んでいく勇敢な姿をクライアント、ベンダー、社員、グループ会社の社員など、様々なステークホルダーに積極的に見せていくためにWebサイトの刷新は必至とオーダーを頂き、こちらも制作を担当しました。

Webサイトを制作するのにあたり、特に意識したのはITを牽引していく、という考え方。新しい時代の人々に見やすく、ITがかっこよく、人懐っこいものであることを余白の使い方、配色、Webアニメーションまで様々な手法を用いて表現しました。また愛されるWebサイトになるよう。写真、イラストも含めほとんどの素材はHeadsオリジナルの唯一無二の素材です。

ディレクターあとがき

制作の順序

MVVやタグライン、ロゴ、Webサイトなど複数の制作を進めるにあたって大切になるのは、制作の順序です。普段の生活でデザインに関する打ち合わせや議論をしているか、それともしていないか、クライアント様の属性にもよりますが、大半の方々は「デザイン」よりも「言葉」の方が制作の意図やコアとなる制作の考えを理解しやすいのではないか、と感じています。もちろん弊社では常日頃、デザイン制作だけでも言語化やプレゼンテーションを通して、制作の意図をご説明はさせていただくのですが、今回は「デザイン」の制作の前に、「言葉」の制作を通して、我々はコアとなる部分をこのように解釈させていただきましたが、いかがでしょうか?伝えたいことと相違はないですか?というすり合わせをさせていただきました。

 

この認識のすり合わせを「言葉」の制作段階で行なっていたことで、ロゴやWebサイト制作の段階に移っても、デザインチームとクライアント様のコアとなる考えを社内で共通認識として持つことができ、言葉とデザインで一貫したクリエイティブを創り出すことができたのではないかと思っています。

 

デザインあとがき

今回の製作はまずロゴを作成しました。
ヒアリングから会社の強みや働く人の人間性などが見えてきて、ITの持つイメージもありつつ柔らかな部分を表現できたロゴに仕上がりました。

ロゴ作成により決まった方向性をwebサイトにも落とし込み、親しみのあるデザインにしました。イラストやアイコンも一から制作し、さりげなく世界観の統一に貢献しています。

どこか懐かしく、新しさもあるサイトを是非一度ご覧ください。

札幌PARCO

札幌PARCO

Prev

CHECK OTHER WORKS
ホテルJALシティ東京 豊洲

ホテルJALシティ東京 豊洲

Next

Back to Works
Contact Us
ページトップに戻る