大矢孝酒造 様 の動画撮影・制作とWebサイト制作をしました

/ Movie / Web Design / Shooting

クライアント
大矢孝酒造

業種
お酒

制作物
コーポレートサイト制作・写真撮影・動画撮影・動画制作・タグライン など

⽴ち上げ時期
11月頃

制作期間
約 3ヶ月

プロジェクトについて

神奈川県の愛甲郡愛川町に位置する酒蔵、大矢孝酒造様のWebサイト制作をいたしました。大矢孝酒造は1830年から約200年続く酒蔵で、現在は8代目大矢俊介様が蔵元を務めていらっしゃいます。大矢孝酒造には速醸で醸す「残草蓬莱」と昔ながらの手法、生酛造りで仕上げる「昇龍蓬莱」の2つの銘柄があり、全量純米蔵として毎年新しい試みにチャレンジし、日本酒の奥深さや楽しみ方を人々に発信している蔵です。

 

元々公式のWebサイトがなく、FacebookをはじめとしたSNSでの情報発信をしていましたが、消費者の求める商品情報や取扱店について取りまとめている場所がなく、蔵としてオフィシャルの情報発信ができる場所を設け、より多くの人々に大矢孝酒造の良さを広めていきたいというご相談を受け、Webサイト、写真・動画撮影、そしてタグラインの制作をさせていただく運びとなりました。

 

タグライン制作「とりあえず、日本酒。」

「日本酒」と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。「普通酒」や「純米大吟醸」といったお酒の分類方法においてももちろん種類は多く存在しますが、蔵としてのこだわりや消費者にどのようにお酒を楽しんでもらいたいか、そのスタイルや酒造りにおける姿勢も蔵によってさまざまです。

まず我々が取り組んだのは、国内に1,400以上存在する酒蔵の中で大矢孝酒造がどのような酒蔵なのかをしっかりと言語化し、タグラインを創ることからはじめました。今までのインタビュー記事を読み漁り、蔵に訪れ創業からの歴史を教えていただき、先代から蔵を引き継いだ当初から現在に至るまでの蔵や市場の変化についてお伺いし、「大矢孝酒造とは一体どんな酒蔵なのか」を大矢様と一緒にすり合わせていきました。

 

複数回のヒアリングや打ち合わせの中から「気軽に日本酒を楽しんでもらえる環境にしたい」「造り手のこだわりを語るよりも、まずは美味しい料理と一緒にうちのお酒を飲んでほしい」といったキーワードとなるお言葉をいただきました。そんな大矢様の想いを短く簡潔に、そして皆様に伝わるように落とし込んだタグラインを制作することができました。

 

とりあえず、日本酒。

 

最初の一杯を酌み交わす。
料理を選ばず、会話は弾む。
だから考え込まず、とりあえず。

 

 

Webサイト制作

今回の大矢孝酒造様のWebサイトはメインとなるページのFVに動画を使用しています。動画はもちろん、写真撮影も弊社で実施していますが、今回はその見せ方についてもこだわりました。TOPページの動画はスクロールとともに画角が変更し、画面内に動画が固定表示される珍しい構造になっています。一般的なWebサイトにないような動きを演出することで、大矢孝酒造様が毎年新しい試みを絶えず行っているユニーク性を表現できたかと思います。

 

また趣味として釣りをする大矢様は、ご自身で釣った魚を捌いて料理をしたり、お付き合いのある飲食店様に訪れて旬の料理とご自身で醸したお酒を飲むことが多いということで、お知らせページにお酒とあう料理レシピを掲載できるスペースを設けたり、大矢孝酒造のお酒を取り扱う飲食店様のおすすめ料理を紹介するページを設置し、「このお酒にはこんな料理がマッチするんだよ」という大矢様が消費者の方々へ伝えたいことを実現できるような設計をしました。

 

職人の瞬間を切り取る写真や動画、そして独自性を表現する設計や大矢様の想いを形作るページの設置によって、造り手のこだわりを発信するだけではなく、楽しくお酒を飲んでほしいという願いを形にすることができたWebサイトになっているのではないかと思います。もし日本酒が好きであれば、またもし普段あまり日本酒を飲まない方でも、一度Webサイトをご覧いただければ、日本酒の楽しい味わい方が発見できると思います。

 

ディレクターあとがき

伝統を現代に伝える

今回は大矢孝酒造様のWebサイト制作のディレクションを担当させていただきました。個人紹介ページにも記載している通り、私は日本酒が大好きで大矢さんの日本酒もこのプロジェクトよりずっと以前から楽しく飲ませていただいていました。日本には1,400蔵以上の酒蔵がありますが、後継者不足で蔵を畳んでしまったり、外部の資本が入って経営体制が変化する蔵が出てきたりと、歴史深い日本酒の業界に変革が起こりつつあります。かつては多くの日本人が飲んでいた日本酒も、ビールやワイン、ウイスキーといった海外のお酒の台頭や、飲みやすいチューハイやカクテルが求めやすい価格でコンビニに並んだことで、その年間消費量はどんどん減っています。

 

個人的に日本酒好きということもあり、「なんでみんな日本酒飲まないかなぁ…クラフトビールより種類多いし、土地土地の地酒を楽しめる面白みがあるのに…」と常日頃考えていました。そんな時に大矢さんと知り合い、Webサイト制作のお話をいただきました。日本酒が好きな人はもちろん、普段飲まない人にもその魅力を伝えていきたいという共通のゴールがあったため、タグラインの制作はもちろん、サイト設計からデザイン、撮影に至るまですり合わせのための議論はほとんど必要なく、スムーズに進めることができました。

 

大矢俊介様で8代目となる大矢孝酒造様のこだわりを、Webサイトや写真、そして動画で少しでも感じてもらい、「あ、ちょっと飲んでみたいな」と思っていただければ、とても嬉しく思います。

カニ専門店マルツ オンラインストア

カニ専門店マルツ オンラインストア

Prev

CHECK OTHER WORKS
株式会社エクセル・システムプロダクト

株式会社エクセル・システムプロダクト

Next

Back to Works
Contact Us
ページトップに戻る